医療安全全国共同行動主催遠隔事例分析

医療安全全国共同行動主催の医療安全管理者養成セミナーで講義をしました。
本来は集合研修で、模造紙とポストッとを使ってグループワークによって行うのですが、コロナ対策のために、ZOOMを使って個人ベースで分析をしてもらいました。
この方式によって所定の成果を得るためには、ZOOMの操作環境(インターネットの安定性やパソコンなど)がそろっていることと、参加者がZOOMの操作にある程度習熟しておく必要があります。
一方、環境さえ整っていればどこからでも研修に参加できるというメリットがあります。
今後、このような遠隔による講義や事例分析は広がってくると考えられますが、講師の側からすると受講者の分析作業中に細かな指導ができない、という残念なところがあります。

写真 遠隔による実習は遠くからの参加が可能となるというメリットがあるが、途中の細かな指導ができない、という限界がある。

人の移動が問題ではなく、移動した人の行動が問題

コロナ対策のために人の移動を自粛するように、という要請が出されていますが、問題は、人が移動することが問題ではなく、移動した人がどのような行動をとるのか、が問題だと思います。
移動する人がマスクもせず、大きな声で飲み食いすれば唾液が飛び、顔を突き合わせて話をすればウィルスを保持した唾液が他の人に付着することは十分考えられます。
問題は、飲食店の営業時間ではなく、飲食店がどのようなコロナ感染対策を取っているか、その対策は理に適っているか、そして、客がコロナ感染対策行動をとっているかどうか、が問題なのです。
取り締まるべきは、これらのコロナ対策行動を守っていないことだと考えます。

コロナ対策は工学も貢献できる

コロナ騒動のことですが、これまでコロナの感染防止は医師が中心になってやるものと思っていましたが、よく考えると、「感染防止は工学・物理学・技術者が中心となってやるべきだ」と思うようになりました。

なぜなら、感染経路は3つだからです。この3つの防止には必ずしも医師だけの役割とは限りません。

(1)飛沫感染 唾が飛んで、それを吸い込んで感染
(2)接触感染 感染者の体液が直接、付着して感染
(3)空気感染 空中に浮遊している水分にウィルスが付着して、それを吸引して感染

これは3つとも医学者の領域というより工学者が貢献できるのではないかと思います。
医師は、「感染した後の治療」に専念してもらうのが、いい協力体制ではないでしょうか。

これらの3つの感染経路を遮断するためには、医学の知識はあまりいりません。
物理学の知識、あるいは化学の知識の方が役に立つのではないでしょうか。

物理学や化学をベースにした工学者は、飛沫の飛翔距離や動きを解析して、「隔離」を実現するにはどうすればいいかを考えると、それで問題はかなり解決します。
接触感染は、ドアのノブやエレベータのボタンに付着したウィルスに、どうすれば接触しないかを考えれば、問題はかなり解決します。
空気感染では、流体力学の専門家が、どうすれば浮遊しているウィルスを除去できるかを考えれば、問題はかなり解決します。

これまでの感染防止は、医師が中心になって取り組んでおり、行政も医師に解答を求めたので不十分なものとなっていたのではないかと思います。。
これからは、工学系の人がもっと参加して取り組むべきだと考えます。。

医療関係者の献身的な努力には敬服します。
国家の重大な問題ですから、「科学的思考」に基づいて、いろいろな側面から取り組む必要があると思います。